うつ病で悩んでいる方のサポートをして、元気づけてあげよう

patient an doctor

疲労によって起こる

現在考えられている主な原因

うつ病の原因とは、一言で言うならば疲労の集中と蓄積です。働いた後や運動後の心地よい疲れではなく、精神的な疲労です。もちろん誰でも精神的な疲労は感じるものなので、それ自体が悪いというわけではありません。通常であれば疲労が順々に回復していくので問題はありませんが、それが回復せずにどんどんたまってしまうとうつ病になってしまいます。 精神疲労が一番大きいとされているのが、環境の変化です。進学や就職、引っ越しや結婚、出産などが挙げられます。ポジティブな変化であってもストレスは感じるため、気が付かないうちにうつ病の原因となっている場合があります。 また、典型的なストレスの要因には人間関係があります。人間関係は感情が激しく動き、しかも解決が難しいことからストレスが重く、一度問題が発生すると一気に疲労が蓄積し、うつ病の原因となってしまいます。

うつ病を解決するためのサービス

うつ病は病気なので、病院に行くことで正式に診断されるものですが、体の病気とは違うのですぐに病院には行きにくいという人も多いです。そういった人たちのために行われているサービスがあります。 そもそも体にはっきりとした症状が出るものではないので、不安などを感じていてもすぐにうつ病と結び付けられるとは限りません。そういった明白ではない心の問題でも相談できる窓口として、精神保健福祉センターというものがあります。これは、各都道府県と政令指定都市に1箇所設置することが定められています。うつ病だけでなく、思春期の悩みや薬物、アルコール依存などの相談もできます。匿名で相談ができ、家族や関係者でも相談可能です。 他にもメールや電話で無料相談を行っている団体や企業がたくさんあります。病院以外でうつ病の原因を探ったり、不安を相談したりすることはできるのです。