うつ病で悩んでいる方のサポートをして、元気づけてあげよう

patient an doctor

ホルモン分泌の異常

うつ病に対する最低限必要な知識とは何なのでしょうか

うつ病は抽象的な見方しかなかった頃は周りの理解も得られず、医学的見地からも「原因不明」と されるほど、具体的な解決策がなかったのです。 しかしながら、研究が進んでうつ病の患者には共通した特徴が見受けられることが分かりました。 そのうえ、ついには神経系と大きな関係があることまで結論付けられるようになりました。 そこで、最近の研究での見解もかねてうつ病の予備知識を紹介します。 1つめは、「実は肉体的な要因が多い」ことです。 神経系のホルモンバランスの異常として認められるうつ病の症状の原因は、 生活習慣による慢性的な影響とも取れます。 つまり、栄養の偏りや日ごろの疲労の蓄積などの身体的な問題が 神経系に作用し、うつ病を引き起こす原因だという考え方です。 2つめは、「必ずしも独力では解決できないわけではない」ということです。 まだまだメカニズムは細かくわかっていないものの、断食や断眠など、 基本的な欲求をコントロールすることで改善が見受けられるケースもあります。 そのうえ、ちょっとしたカウンセリングで相談をするだけでも解決策が見つかるなど、 冷静に問題を考えれば難解な病気ではないということです。

症状が重たくなるときこそ原因を理解する大きな一歩です

うつ病の症状は個人差があり、個人個人で症状を強く感じるタイミングや、 比較的調子が良くなるタイミングはバラバラです。 うつ病の患者は、基本的に物事を否定的にとらえる傾向があります。 そのときに大きく沈み込んで身動きが取れなくなることもあります。 厄介なことだと解釈もできますが、見方を変えればそこにその人のうつ病の原因があるのです。 うつ病患者の気質として、「融通が利かないこと」や「問題からの逃避傾向」が特徴として 挙げられます。 つまり、症状が急に重くなるとき、その人にとって受け入れがたい問題が起きていると解釈できます。 患者がどのようなことに対して不快感を持つのか、そこには必ず傾向があるのです。 自分の現状が気質とかみ合っていないフラストレーションがうつ病の原因です。 要は、その感情をコントロールするよう工夫することで、自分という人間の本質を知れるメリットが あり、病気からの復帰ができるようになるのです。