うつ病で悩んでいる方のサポートをして、元気づけてあげよう

patient an doctor

工夫が大切

うつ病を克服することそのものが人生における工夫となるのです

うつ病を発症する原因となるものは、身体的、精神的、神経的なものとさまざまです。 うつ病は主に精神・神経などの客観視できない領域において作用しますが、 その本質は身体的な病気と同じです。 つまり、何が根本的な原因となっているのかという問題意識に目を向けることが大事なのです。 これによって、今までの自分を病気という機会を通して客観視することができます。 身体の病気が身体の性質に合わない生活習慣が原因で発症するのと同じで、 うつ病も自分の気質に合わないストレスが原因で発症します。 うつ病になったタイミングでの自分の環境の変化やこれまでの環境、 それに対する自分の物事の考え方の推移などを細かくメモをとっていくとよい工夫になります。 メモという形で記録しておけば、当時の自分がどのような考え方をもつ人間だったのかを いつでも見直せるからです。 そして、自分の気質を環境に、環境を気質にお互い合わせるように取り組むことで うつ病を解決していきます。 言い方を換えれば、うつ病を通して本質的な自己成長が見込めるのです。

一人で考えても解決しないときは気軽にカウンセリングなどを受けましょう

うつ病を根本から解決する方法として、あらゆる施策が療法として採用されています。 これらの療法は、患者の気質やうつ病を罹患した原因と思われる要因が何かによって 決定されます。 しかしながら、どのような療法を採るにしても、大切なことがあります。 「問題が困難な時は、決して一人で抱え込まない」ということです。 かといって、周囲の人たちにむやみに話したりすることで、 人間関係上の問題を作るわけにはいかないのです。 そうした相談相手役として、プロのカウンセラーが居るのです。 自殺を図ったり、実際に未遂に及ぶなどの問題行動が起これば 病院で薬物による緊急治療が行われることとなります。 しかし、重度でないものであれば、多くの場合はそのような薬に頼ることはありません。 うつ病の原因をともに考え、クリアしていく現在の主流な方法はカウンセリングです。 先述した自己分析が一人でできないとき、専門家の手を借りることも大切なのです。