うつ病で悩んでいる方のサポートをして、元気づけてあげよう

patient an doctor

新しいタイプもある

女性に増えている新型うつ病の原因とは

20代から30代の主に女性に急増している新型うつ病。別名非定型うつ病とも言われていますが原因はいまだわかっていません。またその症状から精神科医の間でもうつ病としての認識も別れるところとなっています。というのも一般的なうつ病が常に気分が沈んで落ち込みがちなことに比べ、新型うつは楽しいことをすると急に気分が良くなったり、過食や過眠など本来のうつ病とは違う症状が出ることからなまけているのではないかととらえられやすい特徴があるからです。とはいえ本人からすると原因も分からないのにとてもつらく苦しい状態が続くことは間違いありません。また原因が分からないので治療法も確立されていないのが現状です。現在では遺伝や性格、ストレスが原因ではないかと言われています。

新型うつの主な症状と治療

新型うつは一般的なうつ病とは症状が異なります。一般的なうつ病が常に気分が落ち込んでやる気がないのに比べ、新型うつは楽しいことや好きなことをすると気分が良くなるという傾向があります。また一般的なものが食欲が減退したり不眠になるのに比べ、過食気味になり体重が増えたり寝ても眠いという過眠症状が出るのが一般的です。空腹ではないのに食べていないと落ち着かないや過眠の症状があるなら新型うつを疑ってみるといいかもしれません。また新型うつは他人の目が気になる人や、人から良く見られたいと思うタイプがかかりやすいと言われ、うつ病のように投薬中心の治療ではなく、カウンセリング中心の治療になることが多いようです。従来のうつ病は励ましてはいけないと言われますが、新型うつ病は優しく励ます方が効果があると言われています。

どんな人がうつ病になるのでしょうか

うつ病の発症の原因には、その人が元々持っている性格やものの考え方の傾向などが深く関係していることが多いのだそうです。 ではうつ病になりやすいというのは、どのような性格の人なのでしょうか。 比較的に生真面目で仕事熱心で、責任感も強く完璧を求める傾向が強い人。また社交的で明るい性格を持ちながら寂しがりやの両面を持つ人。なんだか、日本人にこういう性格の人はたくさんいそうな気がします。 うつ病がなぜ起こるか、その原因やメカニズムに関してはまだわからないことも多いと言います。 生活の中で何らかのストレスがかかることによって、感情をコントロールしている物質のバランスが崩れることが原因で、うつ病が発症するといわれています。 つまり精神的、肉体的に疲労が長時間続くことで、脳の働きに異常が起こり、その為に様々な症状が出てしまう病気なのです。

ストレスの4つの原因について

うつ病の原因とは、と聞かれたならば、誰もがストレスと答えるでしょう。誰もがストレスと言えば、精神的ストレスのことだろうと言うでしょう。 実はストレスには、4つのタイプがあります。 1つは皆さんご存知の精神的ストレスです。単純に嫌だなと思うことは、すべてこの精神的ストレスになります。また孤独を強く感じ、周りから認めてもらえないなど、自分をわかってほしいという感情も大きな精神的ストレスになります。 2つめは、体の歪みからくる構造的ストレスです。うつ病の人には、肩こりや腰痛の人がとても多いのです。また首と頭蓋骨の付け根は、自律神経と非常に関係が深いです。 3つめは、科学的ストレスです。実はうつ病になりやすい食べ物と、なりにくい食べ物があるのです。 最後に4つめは、温度と湿度のストレスです。暑い寒いは人間の体に影響を与え、自律神経が乱れる原因になるのです。