うつ病で悩んでいる方のサポートをして、元気づけてあげよう

patient an doctor

周囲を頼る

周囲と理解し一人で悩まず頼ろう

原因も分からず罹ってしまったうつ病は本人だけでなく、見守る周囲も辛いものです。先ずはうつ病の事を良く知り、その上で手を貸し合い回復へとゆっくり歩んでいきましょう。 時にうつ病の患者を理解出来ず、暴言や健康な人達にとっては何の事もない言葉を掛けてしまう事もあるでしょう。しかし待ってください。軽い一言が患者さんにはとても辛く刺さる言葉であったりします。ですので、吐き出す前に支える側は冷静な判断が必要です。また、十分な休養を与えてあげるのも症状を良くするには効果的です。良く眠り良く食べ、楽しい会話をしましょう。 服用している薬については、副作用があるからと勝手にやめさせてしまうのは良くありません。医師と共に協力して焦らず時間を掛け病状を回復させましょう。

うつ病は怖い病気ではありません

うつ病の原因ははっきりと解明はしていませんが、主にその人の性格や思考、体質が原因の一部ではないかと予想されています。罹ってしまってもあまり重く捉えず前向きに向き合っていきましょう。 うつ病について無知な方が多く行ってしまうのは、「させて」しまうことです。好意、心配からの気遣いで、休みなよ、これ食べなよ、外出してみたらどう、などの強制的な口調でうつ病の患者に物を行わせるのは全くの逆効果です。あくまでも本人の意思を汲み取り、こちらから提案したことを押し付けるのはなるべく避けましょう。その患者さんの性格を良く考えた上で言葉掛けを行ってください。原因が分からずとも周囲の頑張りや少しの気遣いで良くなる病気です。怖がらず理解し合いましょう。